学生でも絶対借りたいアイフルの審査を探求

就活などで金欠な学生が絶対にアイフルの審査を通す手引き

アイフルでの審査基準は返済能力を重視

YUKA20160818333714_TP_V.jpgアイフルといえば消費者金融の大手として有名です。最近の貸金業界の事情に触れると、アコムやプロミスなどは大手銀行グループの傘下や系列に所属するなかアイフルは単独の消費者金融でカードローン事業をおこなっております。

そこで気になるのが他の消費者金融と比較して審査の基準が異なるのではないか?ということに結びつきます。そこでアイフルの審査基準についてみていきましょう。

正直なとこアイフルをはじめ審査基準をオープンにしている消費者金融は存在しません。そもそも審査基準とは何かというと、どの消費者金融でもカードローン審査をおこなううえで最低限必要になるクリア条件があります。その基準とは総量規制に抵触していないか、これまでに金融事故を起こしていないかの2点があげられます。

消費者金融は貸金業法に基づいた範囲内(他社借入分を含めて年収の3分の1以上の融資をしてはいけない)で営業しなくてはいけません。また、これまでの借入やローンなどに返済遅延や延滞が生じた状況を金融事故と呼びます。この金融事故の情報は信用情報機関を通じて審査では欠かすことのできないものとなります。これら2点の審査基準はあくまで消費者金融の審査に共通することです。

ではアイフル自体ではどのような審査基準を設けているかというと、安定した収入と返済能力が認められる方が借入条件を満たす対象となります。要はアルバイトの方でも安定した収入を証明出来れば審査に申し込むことは可能です。実はこの審査基準も他の消費者金融と大して遜色ありません。

しかし返済能力を認めるという点において、それぞれの判断基準があります。もし仮にあなたが他社の消費者金融からの借入がないうえで安定した収入を得ていれば返済も大して負担にはなりませんよね。しかし他社の返済を抱えた状況で新たな返済が増える状況を想像して見てください。転職などによる収入アップなどの好材料がない限り返済能力という点で評価は得られないでしょう。その証拠にアイフルでは他社借入総額が100万円を超えている場合は審査に収入証明書の提出を求めます。これは他社借入分が与える返済能力への影響を重視している証拠ですね。

この様にアイフルの審査では借入金額や件数にもよりますが他社借入分を嫌います。逆に他社借入がない方は審査に通りやすいということもわかりますね。そんな方は臆せずカードローン審査にのぞみましょう。

 

アイフル審査に落ちた原因はまさかの公共料金だった!

アイフルのカードローン審査に落ちてしまいました。他社借入もないのにどうして?と疑問に思う方も多いでしょう。そこで見落とされがちな審査落ちの原因を探りたいと思います。

まずは公共料金の未払いがないかチェックしましょう。公共料金とはいわゆるガス代、水道代、電気代のことですね。しかしただ未払いという訳がカードローン審査落ちの原因となるわけではありません。実はその支払い方法がネックになります。最近では公共料金をクレジットカードで便利に支払い出来ますよね。公共料金を一括でクレジットカード決済している方は案外多いのではないでしょうか?

実はそこに落とし穴があります。銀行口座の残高不足によるクレジットカードの引き落としが出来ないケースも金融事故として扱われます。ついつい公共料金だから少し遅れても大丈夫などと言った考えは今すぐ捨てましょう。クレジットカードでの返済滞納や遅延はカードローン同様の扱いがされます。学生でも気軽にクレジットカードは持つことが出来るので注意が必要です。

またクレジットカードをもっていなくとも思わぬところで金融事故を起こしている場合があります。それは携帯電話の料金の遅延や滞納になります。最近の携帯電話の月々の支払いには携帯購入時の本体価格を分割した料金が含まれているケースがあります。実はこの携帯電話の分割は商品ローンとして扱われるため遅延や滞納は金融事故として扱われてしまうのです。一回でも携帯料金に遅延があった方は支払いには分割金が含まれていたかチェックが必要です。

因みに分割金をすでに払い終えた場合、または一括購入していた場合の携帯料金未払いは金融事故には扱われませんのでカードローン審査に影響はありません。

この様に最近では知らずに金融事故を起こしているケースがありますので、仮にこれからカードローン審査を検討する方もこれらの事例を十分に注意して生活しましょう。

 

アルバイトでもアイフル審査は怖くない

消費者金融の代表格の1つであるアイフルですが、アルバイトや学生、またはフリーターでも審査を通過することは可能なのでしょうか?アイフルでは貸付対象者として満20歳以上の定期的な収入と返済を有する方で、当社基準を満たす方を条件としてます。つまりアルバイトや学生、フリーターでも条件によっては審査を通過する事が出来るのです。

まずはアルバイトの方をみていきましょう。上記にもあるように20歳以上であることは絶対条件となります。アルバイトの方が何より重視されるのは定期的な収入と返済能力を有する事になります。しかしながらこの定期的な収入と返済能力を有するという定義はいまいちピンときませんよね。

要はアルバイトとして同じ勤務先で長期にわたり働いている事、月にある程度決まった日数勤務していて収入に大きな変動がなく一定の収入がある事と解釈出来ます。これは勤続年数が長ければ長いほど審査の好材料となり、更に収入も安定していれば尚よいと言えるでしょう。少なくとも1年以上の勤務実績があれば十分な評価が得られるでしょう。逆に半年以下の勤務実績では審査は厳しくみられます。

また消費者金融のアイフルでは貸金業法の総量規制に従い融資を行いますので年収の3分の1までしか利用限度額を設定出来ません。アルバイトで年収が60万円位だとすると、その3分の1以下の20万円さらに申し込み者の信用力などを考慮した審査判断により、その総量規制の限度額以下に設定する事で融資を行う可能性もあります。上記で説明したように学生の場合でもアルバイトなどの収入によりこの条件を満たしていれば問題ありません。20歳以上という点では少なくとも大学2年生以上である事が条件となりますね。

この様に例え学生であろうとアルバイトによる勤務年数と安定した収入をお持ちであれば審査を通すことは難しくありません。