学生でも絶対借りたいアイフルの審査を探求

就活などで金欠な学生が絶対にアイフルの審査を通す手引き

就活中の学生におくるアイフル借入のイロハ

2016年09月04日 19時43分

就活中にアルバイトを減らしてしまい生活費が足りなくなったり、スーツなど就活に必要な出費がかさみピンチに!何てこと就活期間にたくさんの学生が経験されていると思います。そこで生活費や就活費の補填にアイフルのカードローンを利用したいが、就活の合否に影響はないのだろうかと心配になる方もいるでしょう。

消費者金融というイメージと、学生で借入を抱えているという事実だけでもネガティヴな思考にならざるを得ませんよね。しかしながら単刀直入に言うとアイフルからの借入が就活を不利にしたり、合否に影響を与えることはありません。法律上では基本的に個人の与信状況を確認する事を採用条件にはしていません。要は就活においては借入の審査の際に必ず行われる信用情報機関への確認はしません。

仮にそれらの確認した情報を参考に就活の選考を行いますと法律上は罰せらます。よって就活者が消費者金融の利用がある事実や現在借入があることがある情報を把握する事はないのです。就活における採用条件は法律上、適正と能力のみを基準として選考しなければならないと定められています。

しかしながら金融業界などへの就職を希望されている方は注意が必要です。そもそも金融業界はお金を扱う業種のため個人の信用をかなり重視した選考を行います。そのため金融業界では厳しい採用試験を行うでしょう。

また他の企業と比べて信用情報を確認する事は比較的簡単なことです。そこで法的には信用情報機関の情報を採用選考にしてはいけない一方で、実は確認しているというケースも稀にあります。もちろんその様な企業は警察に摘発されて処罰を受けますが実際にはあることを頭の片隅に入れておきましょう。

また就活における面接時に企業側から与信状況を見せてほしいと依頼がある場合があります。しかし上記でも述べた通り開示は拒んで何ら問題はありません。就活者は立場上、企業側に強くはなれないものですがこの事例は場合によっては訴訟もおこせます。それだけ就活における与信情報を確認するという行為は厳しく取り締まられていることです。

安心してアイフルのカードローン審査にのぞんでください。少しでも生活に余裕のある状況のほうがよっぽど就活も充実した内容となることでしょう。